犯罪被害者等施策とは 被害者支援の相談窓口 各種イベント情報 地方公共団体の取組 公表資料の紹介 もっと詳しく知りたい

被害者支援の相談窓口

犯罪被害者等施策トップ > 被害者支援の相談窓口:こんなときは > ニーズに応じた解決手段:報道やインターネットサイトに関すること

ニーズに応じた解決手段:報道やインターネットサイトに関すること

●:原則すべての人が対象となる支援等
★:対象要件がある支援等

報道やインターネットサイトに関すること

マスコミにどう対応していかわからない。

●取材への対応

 マスコミからの取材要請や通夜・告別式等での取材に対する対応について、警察や弁護士等を通じて申し入れをすることができます。事件を担当する警察署又は法テラス(法テラスでは犯罪被害者支援の経験や理解のある弁護士を紹介しています。)へご相談ください。

→ 法テラスホームページ別ウインドウで開きます

★異議申し立て

 テレビ、ラジオの人権侵害に対しては、「放送倫理・番組向上機構(BPO)」に、雑誌の人権侵害については、社団法人日本雑誌協会「雑誌人権ボックス」に異議申し立てをすることができます。

→ 放送倫理・番組向上機構(BPO)ホームページ別ウインドウで開きます

→ 社団法人日本雑誌協会ホームページ別ウインドウで開きます

インターネット上で誹謗・中傷されている。

●削除依頼

 サイトの管理者に当該情報の削除を求め、管理者が対応しない場合には当該情報がアップロードされているサーバを管理するプロバイダに削除を依頼してください。
法務省の人権擁護機関では、全国の法務局・地方法務局において、インターネット上で人権侵害を受けた被害者からの相談に応じており、プロバイダ等に対する発信者情報の開示請求や人権侵害情報の削除依頼の方法について助言を行っているほか、人権侵害情報による被害の回復予防を被害者自ら図ることが困難な場合には、表現の自由に配慮しつつ、「プロバイダ責任制限法 名誉毀損・プライバシー関係ガイドライン」に基づいて、プロバイダ等への削除要請を行っています。

→ 人権相談窓口別ウインドウで開きます

→ インターネット人権相談受付窓口
パソコン別ウインドウで開きます
携帯電話別ウインドウで開きます QRコード