相談窓口:回答
 
相談分類: フィッシングに関する相談
金融機関や企業等からID・パスワード等の個人情報を問い合わせるメールが届いた
 
 
 よくある相談
・不審なメールが届き、メールには銀行を装う偽のウェブページのリンクが記載されていた。
・金融機関や企業のシステム管理者を名乗る者から「システムを修理するのでID・パスワードを教えてください。」とのメールが来たので回答してしまった。
・サイト管理者あるいは料金収集代行業を名乗る者から退会手続がなされていない旨のメールが届いた。メールにリンクされたウェブページを見ると名前、住所、電話番号等を入力する欄が記載されていた。

 予防のためのアドバイス
・「フィッシング」と呼ばれる、金融機関や企業等になりすましたメールやウェブページを使って個人情報を不正に聞き出し、その個人情報が不正アクセスや詐欺等に使われる事案が発生しています。
・クレジットカード番号などの金融関係の情報やプロバイダ等のID・パスワードといった個人情報を問い合わせるメールやウェブページに対して、安易に回答することは危険です。

 被害に遭ったときには
 個人情報を問い合わせるメールが届いた場合
・犯罪等に不正に利用されるおそれがありますので、個人情報を安易に回答しないようにしてください。
・電話番号案内(104)で正しい連絡先を確認するなどした上で、金融機関や企業等に直接真偽を問い合わせてください。なお、メールに連絡先が記載されていてもこれを信用しないようにしてください。

 パスワードをシステム管理者に尋ねられた場合
・通常、システム管理者は利用者のパスワードがなくても必要な管理を行えます。
・システム管理者が利用者のパスワードを尋ねるのは不自然ですので、相手が正当な管理者かどうか、どうして必要なのかを十分確認してください。不審な場合には、教えないようにしてください。

 「フィッシング」とわかったら
・金融機関や企業等になりすまして不正に個人情報を求めていることがわかったら、その問い合わせのメール等は無視するようにしてください。
・また、なりすまされた金融機関や企業等のほか、警察やフィッシング対策協議会にも情報提供してください。

 個人情報を入力してしまった時
・偽のウェブページに個人情報を入力してしまった場合には、すぐにパスワードや暗証番号等を他人に推測されにくいものに変更してください。
・金融機関や企業等の相談窓口等で偽のウェブページに個人情報を入力してしまったことを相談し、被害防止措置等の対応策を確認してください。
・フィッシングにより個人情報が盗まれ、不正アクセスや詐欺等の金銭的被害などが発生した場合には、警察に相談してください。

 相談・情報提供
・都道府県警察では「フィッシング110番」を開設し、フィッシングに関する相談・情報提供を受け付けています。また、民間企業や団体で構成する「フィッシング対策協議会」でも、情報の提供を受け付けています。
・フィッシングのメールやウェブページを見つけたら、フィッシング110番等へ情報提供してください。
・さらにご不明な点がありましたら、フィッシング110番、消費生活センター等に相談してください。
 
緊急の事案は110番へ、具体的な被害相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡下さい。
 
リンク  ご利用上の注意