相談窓口:回答
 
相談分類: メールに関する相談
チェーンメールが届いた
 
 
 よくある相談
・「同じ文面で10人にメールを出さないと不幸になる。」というメールが届いたが、出した方がよいか。
・募金等の協力を呼びかけるメールが届き、なるべく多くの知人に転送するように書かれていたが、転送した方がよいか。

 予防のためのアドバイス
・メールを他人に転送するよう促すようなチェーンメールは、たいていの場合、受け取った人を困惑させるものです。
・自分が受け取ってよい気分がしないようなメール、送られた相手が必要としていないようなメールは、基本的には他人への転送を控えた方が賢明です。

 被害に遭ったときには
・他人に転送するように書かれていても、転送された人が迷惑しないかどうかをよく考えて対応しましょう。
・「チェーンメールを止めると不幸になる。」というような脅し文句が書かれていても無視するか、毅然とした態度を貫くことが肝要です。
・どうしても不安な場合は、チェーンメールを受け付ける機関(迷惑メール相談センター:http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/tensou.html)がありますので、参考にしてください。

 情報提供先
・チェーンメールが犯罪に関係するような内容の場合には、都道府県警察サイバー犯罪相談窓口へ情報提供してください。
 
緊急の事案は110番へ、具体的な被害相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡下さい。
 
リンク  ご利用上の注意