ウェブページに自分の名前、住所等の個人情報や悪口を掲載された
 
 よくある相談
・ウェブページや掲示板に自分の名前、住所、電話番号等の個人情報を掲載された。
・ウェブページや掲示板に自分の悪口が書かれている。

 予防のためのアドバイス
・ウェブページや掲示板は不特定多数の人が閲覧できます。どのような人が見ているかわかりませんから、自分や家族・友人の個人情報を安易に載せないようにしましょう(よく知らない相手とのメールやチャットでも同様です)。
・自分の個人情報をある程度公開しなければならないときは、電話番号や詳細な住所などまで本当に必要なのか、十分に考えてから実行しましょう。
・他人の個人情報を本人の許可なく掲載することは、厳に慎みましょう。

 被害に遭ったときには
 ウェブページや掲示板に自分の個人情報や悪口が掲載されている場合、掲示板の管理者や掲示板を運営しているプロバイダ等に、掲示板の削除や掲載の停止などについて、依頼又は相談をしてください(掲示板等に掲載されている情報が個人の権利を不当に侵害している場合には、管理者やプロバイダ等が情報の送信を停止することができる旨、法律(プロバイダ責任制限法)で定められています。)。
 さらに、掲示板等に個人情報等を掲載されたことにより、社会的評価が害された(名誉を毀損された)と考えられる場合には、弁護士等に損害賠償請求を相談するなど、法的手続も検討してみてください。損害賠償請求等のため必要であれば、掲示板管理者やプロバイダ等にその行為を行った者に関する情報(氏名、住所、電子メールアドレス、IPアドレス及び掲載日時)を開示してもらうよう請求することもできます。
 また、名誉毀損等の犯罪として被害を届け出る場合には、最寄りの警察署又は都道府県警察サイバー犯罪相談窓口をご利用ください。
 
リンク  ご利用上の注意