○ ファイル共有ソフトを使用した際にコンピュータ・ウィルスに感染して、業務資料やプライベートの写真などがインターネット上に流出する事案が起きています。


<事 例>
 大学生がアニメ動画ファイルに見せかけたコンピュータ・ウィルスを作成し、ファイル共有ソフトにより頒布し、コンピュータ・ウィルスに感染したパソコンに保存データの破壊、外部流出といった被害を与えた。
 (著作権法違反等)

~ 手口に見るウィルスの偽装方法 ~
1 作成者はウィルスファイル(実行形式ファイル)を動画(avi)ファイルであるかのように見せかけるために、ファイル名を偽装していました。



2 更に、一見しただけでは実行形式のファイルとわからないように、アイコン画像も変更していました。



~ このような被害にあわないために ~
  ○ Winny等のファイル共有ソフトを利用すると、ウィルス感染・情報流出の危険性があります。
  ○ 信頼できないファイルを入手したり、開いたりしないようにしましょう。
  ○ ウィルス対策ソフトを導入し、常に最新の状態にしておきましょう。

リンク  ご利用上の注意