○ インターネット・オークションやインターネットバンキング利用者のID・パスワードを不正に入手し、不正アクセスする事案が後を絶ちません。
○ ID・パスワードを入手するために、ありとあらゆる手口が使われており、キーロガーを利用した事例もみられます。
※ キーロガーとは?
 キーロガーとは、インストールしたコンピュータにおいて、キーボードの入力情報を記録するプログラムのことです。

<事 例>
 ネットカフェのアルバイト店員が、客用のコンピュータに仕掛けておいたキーロガーにより、客が入力したインターネットバンキングに係るID・パスワードを不正に入手し、インターネットバンキングに不正アクセスして客の口座から自らが管理する電子マネーカードに不正にチャージした。
 (不正アクセス禁止法違反、電子計算機使用詐欺)

~ 手口に見る被害者からのID・パスワードの不正入手
 ネットカフェ等の不特定多数の者が使用するパソコンには、キーロガーのような情報収集用のツールが密かにインストールされているおそれがあります。




~ このような被害にあわないために ~
  ○ 不特定多数の人が使用するパソコンでは、重要な情報を極力入力しない!
  ○ パスワードはなるべく長く、定期的に変更を!
  ○ パスワードは利用するサービス、サイト毎に違うものを!

リンク    ご利用上の注意