目的別インデックス用語集サイトマップ
インターネット定点観測
インターネット治安情勢|インターネット定点観測- 説明

「インターネット定点観測」とは
警察庁では、全国の警察施設のインターネット接続点にセンサーを設置し、その観測結果から、「インターネット治安情勢」を定期的に公表しています。「インターネット定点観測」(日本語版及び英語版)では、 観測した検知情報を迅速に提供するため、 平成15年10月より公開しています。
グラフは毎時20分頃に更新されるので、 インターネットにおける各種攻撃状況の変化、ワーム発生等を把握する基礎資料としてご活用下さい。 特異状況を認知した場合は、@policeトップページでお知らせいたします。

グラフの説明
横軸の単位は時間で、縦軸は1時間毎に集計された1IPアドレス当たりの件数です。
シグネチャを用いた不正侵入等の検知
検知された各シグネチャは、次に示す分類に従って集計されます。グラフには、分類の上位5つとそれ以外(Others)の件数がプロットされます。

グラフに表示される分類
分類説明
Wormインターネットを通じて拡散するワーム
Scanインターネット上の各種サービスに対するスキャン活動
Scan(Password)スキャン活動の内、各種サービスのID・パスワード等に対する活動
Scan(P2P)スキャン活動の内、P2Pに対する活動
VoIPVoIPに対するスキャン活動等
UDP_spamUDPを使用したポップアップメッセージ等
DoSDoS攻撃の可能性があるパケット
DNSDNSに対するスキャン活動や不正なクエリ等
ICMPICMPパケット
Others上記の分類にふくまれないもの
  • シグネチャは随時追加しています。
センサーに対するアクセス
センサーは、全てのIncomingのパケットを破棄する設定となっています。 集計は、Incomingのトラフィックのみ対象とし、Outgoingのトラフィックはカウントされません。 グラフでは、ファイアウォールに到着したパケット数の集計結果がプロットされます。
グラフには以下の種類があります。
  • 宛先ポート別
  • 発信元国別
  • 宛先ポート別(発信元:日本)
  • 発信元TCPポート別
各グラフは、最新の動向を把握しやすくするため、 過去24時間における上位7つの項目とそれ以外(Others)の件数がプロットされます。
発信元TCPポート別推移は、TCPのフラグ種別に関係なく、発信元のポート番号毎に件数を集計したものです。 このグラフに限り、Othersの件数はプロットされません。
各ポート別のグラフにおいて、TCPとUDPはポート番号が表示されますが、 ICMPについてはTypeフィールドが表示されます。 (例:8/icmp → Echo Request)

ICMPで表示される主な数値(Typeフィールド)とその意味(RFC792,RFC1812より抜粋)
数値意味
0Echo Reply
3Destination Unreachable
4Source Quench
5Redirect
8Echo Request
11Time Exceeded
12Paramter Problem
13Timestamp Request
14Timestamp Reply