@police

被害事例と対処法
 
対処法 有料サイトの利用料金を請求するメールが来た
   
 概要
 
 利用した覚えの無い有料サイトから利用料金の支払いを求める架空請求メールによる被害が急増しています。メールの本文には、「指定された期日までに指定の口座にお金を振り込まなければ、自宅まで取りに行く」、あるいは、「法的措置をとる」などと書かれている場合が多いようです。

メールの送信者が自分のことを知っているとは限りません。有料サイトを利用した覚えが無いからといって相手に問い合わせるために電話をすると、相手に自分の電話番号や名前を知られる可能性もあります。また、一旦お金を振り込むと更にお金を請求されることもあります。不用意に電話等で連絡をしたり、お金を振り込むのはやめましょう。また、身に覚えの無いメールは受信しても無視しましょう。脅しや悪質な取立てをされた場合は最寄りの消費生活センターや警察に相談しましょう。

悪質商法に関する相談窓口
 http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm

 枠
事例へ
 閉じる

 


プライバシーポリシーセキュリティポリシー利用規約このサイトについて
Copyright(c)2009 警察庁/National Police Agency