◇警察庁からのお知らせ


スパイウェアの被害にあわないようにご注意を!

●スパイウェアとは?

 スパイウェアは、コンピュータウイルスのようにコンピュータに入り込み、打鍵(タイピング)、画面表示、ハードディスク等から個人情報を取得して、悪意のある者に送付します。
 こうして盗まれた個人情報が悪用されて、銀行口座からお金を引き出されたり、クレジットカード決済で買い物をされたりする被害が発生しています。
 スパイウェアは、不審なソフトウェアのインストール、悪質なサイトやメールの添付ファイルなどから侵入することが多いので注意が必要です。

●対処法は?

1.心当たりのない電子メールを不用意に開かない。
2.不審なCD-ROMが送られてきても使用しない。
3.出所不明のソフトウェアを利用したり、怪しいサイトにアクセスしない。
4.ウイルス対策ソフト、オペレーションシステム(OS)のバージョンは常に最新のものを使用する。
5.インターネットカフェ等の不特定多数の人が使うパソコンでは、個人情報を入力しない。

●被害にあった場合には?

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口にご連絡下さい。