目 次


はじめに


序章 問題の所在と本報告書の構成

  1. 情報セキュリティ施策の必要性
  2. 本報告書の構成

第1部 オープンネットワークにおけるセキュリティ上の課題

 第1章 オープンネットワークにおける不正行為の分析

  1. 不正行為の種類
  2. 各不正行為の概要、具体的事例及び対策例
  3. 暗号の不正利用の脅威

 第2章 不正行為への対策

  1. 漏洩・盗聴への対策
  2. 改ざんへの対策
  3. なりすましへの対策
  4. 事後否認への対策
  5. 不正行為に係る情報の通信への対策

 第3章 暗号の普及に伴う新たなる課題

  1. 暗号の使用や輸出入に係る規制の在り方
  2. 認証機関の設置の必要性とその信頼性の確保
  3. 暗号の不正利用の脅威と暗号化された情報へのアクセスの必要性

第2部 情報セキュリティ施策の在り方

 第1章 暗号に関連する施策の在り方

  1. 暗号に関連する施策の類型と施策相互の関係
  2. 国際社会における暗号政策に係る議論の動向
  3. 暗号機器の使用及び輸出入に係る施策の在り方
  4. 認証機関に係る施策の在り方
  5. キーリカバリー機能に係る施策の在り方

 第2章 その他の情報セキュリティ施策の在り方

  1. その他の情報セキュリティ施策の類型
  2. 各情報セキュリティ施策に係る国際的動向と我が国の現状

 


おわりに


調査研究委員会の活動の概要

調査研究委員会名簿


警察庁ホームページ