調査結果


15.入退室管理の状況


(1)実施している場所、区画

 全体では、「部屋(マシン室)」が49.6%、「実施していない」が37.7%となっている。
 従業員規模別で「100人未満」では「実施していない」が73.2%となる。


(2)入退室の管理方法

 全体では、「記帳」が35.8%、「磁気カード」が35.8%、「警備員」が32.7%の順で割合が高い。
「バイオメトリクス」は全体では10.0%であるが、業種別の「金融」で21.6%、「サービス」で21.6%と他の業種と比べ割合が高い。平成13年度調査では、「記帳」は25.7%であったが、本調査では35.8%と10ポイント近く増加して、トップ項目となっている。


(←前へ) (目次へ) (次へ→)