調査結果


14.セキュリティサービス業者の利用状況


(1)利用しているサービス

 全体では、「利用していない」が53.1%になり、半数は利用していない結果となっている。
利用されているものでは、「セキュリティ診断」が17.3%、「ウィルス監視」が14.3%、「セキュリティ監視」が11.0%の順で割合が高い。

 業種別で見ると、「情報通信」では「セキュリティ監視」、「ログ解析」が上位項目となっている。以下の数表は、業種毎の上位項目について網掛けしたものである。


 セキュリティサービス利用の費用

 セキュリティサービスを利用している企業全体の年間費用の平均は507.4万円となっている。費用は、年間売上高および従業員数が多くなるほど増える傾向となっている。
 業種別では、「金融」が884.8万円、「サービス」が730.4万円、「情報通信」が622.0万円の順となっている。


(2)サービスを利用しない理由

 全体では、「コストを負担できない」が47.0%と最も高く他の項目と比べ非常に高い。
 業種別では、「情報通信」で「高い専門性やノウハウ、技術力があり、必要ない」が50.0%となっている。


(3)今後利用したいサービス内容

 全体では、「セキュリティ診断」が31.7%、「セキュリティ監査」が26.0%、「ウィルス監視」が21.2%の順で割合が高い。また、「利用したいと思わない」も13.4%となっている。
 業種別では、「行政サービス」で「ポリシー策定」が52.0%、「社員教育」が40.0%、「情報通信」で「ポリシー策定」、「社員教育」がそれぞれ38.5%と他の業種と比べ割合が高い。


(←前へ) (目次へ) (次へ→)