調査結果


11.アクセスログの取得状況


(1)取得しているログの種類

 全体では、「サーバ上のアクセスログ」が64.5%、「ファイアウォール上のログ」が56.0%と上位に挙がっている。「取得していない」は18.7%にとどまっている。


(2)ログの保管期間

 全体では、「特に期間は決まっていない」が45.6%と保管期間を決めていない企業が、半数近くを占める。
 平成13年度調査では、「特に期間は決まっていない」が全体で53.8%であったが、本調査では45.6%と低くなった。ログについても管理をする傾向にあることが伺える。


(3)ログ解析の頻度

 全体では、「問題発生時」に行なうが53.3%と半数以上を占める。「毎日」、「毎月」はそれぞれ8.4%、9.7%となっているが、「3ヶ月毎」は1.9%と割合は低い。
 業種別では、「教育機関」で24.0%、「サービス」で24.3%と「実施していない」の割合が高い。


(←前へ) (目次へ) (次へ→)