情報セキュリティビジョン策定委員会報告書~安全なネットワーク社会の実現を目指して~
 

報告書について


報告書の概要


報告書の本文

はじめに
情報セキュリティビジョン策定委員会名簿 
情報セキュリティビジョン策定委員会の活動の概要 

序章 問題の所在と本報告書の構成

1 問題の所在
2 本報告書の構成(1)第1部
(2)第2部第1部 暗号技術に係るセキュリティ上の課題
第1章 暗号技術の不正利用の類型と分析1 ネットワークに係る犯罪及び不正行為の現状と情報セキュリティ上の課題
2 犯罪等防止のための暗号技術の利用の必要性及びその利用状況(1)犯罪等の防止対策における暗号技術の位置付け
(2)暗号技術の概要
(3)暗号技術の分類
(4)暗号技術の利用状況
(5)暗号技術の普及の促進3 暗号技術の不正利用のおそれとその類型(1)暗号鍵の不正利用
(2)暗号の不正利用第2章 暗号技術の不正利用対策1 暗号技術の不正利用の社会への影響及び対策の必要性
2 暗号鍵及び暗号の不正利用対策の類型(1)暗号鍵の不正利用対策
(2)暗号の不正利用対策第2部 暗号技術の適正利用を制度的に保障するための暗号政策を中心とした情報セキュリティ施策の在り方
第1章 暗号技術の不正利用対策に係る施策の在り方1 暗号技術の不正利用対策に係る施策の類型及び検討の方向性
2 国際社会における施策の動向(1)国際機関等における施策の動向
(2)諸外国における施策の動向3 暗号鍵の不正利用対策に係る施策の在り方(1)暗号鍵の不正利用の脅威と対策の必要性
(2)暗号鍵の不正利用対策に関する基本的な考え方
(3)具体的な施策の在り方4  暗号の不正利用対策に係る施策の在り方(1)暗号の不正利用の脅威と対策の必要性
(2)暗号の不正利用対策に関する基本的な考え方
(3)キーリカバリーの概要
(4)キーリカバリーに関する国際機関及び諸外国の取扱い
(5)キーリカバリー機能確保のための制度的枠組みの在り方5 国際的な枠組みの必要性及びその在り方(1)国際的な認証機関の適格性及び業務の適正性の確保の必要性及びその在り方
(2)外国の鍵回復機関の適格性及び業務の適正性の確保の必要性及びその在り方
(3)国際的なキーリカバリー機能確保のための枠組みの必要性及びその在り方第2章 暗号政策に関連するその他の情報セキュリティ施策の在り方1 不正アクセス禁止法制の整備(1)不正アクセスの現状
(2)不正アクセス規制の状況
(3)不正アクセス禁止法制整備の必要性
(4)不正アクセス禁止法制の検討の方向性2 暗号技術の利用者等に対する広報啓発に係る施策(1)広報啓発の必要性
(2)広報啓発の在り方第3章 「ネットワーク犯罪防止法」(仮称)整備の必要性及び緊急性1 ネットワーク社会における犯罪防止のための社会的な枠組み
2 「ネットワーク犯罪防止法」(仮称)の整備の必要性(1)制度的な枠組みの必要性
(2)暗号技術の不正利用対策と不正アクセスの禁止に係る制度的枠組みの関係
(3)「ネットワーク犯罪防止法」(仮称)の整備おわりに

警察庁ホームページへ