警察庁サイバー犯罪対策
警察庁トップページへ
English page


サイバー犯罪対策トップ
施策・広報
総合セキュリティ対策会議
統計
県警の施策等
法令等
調査・研究
リンク





CYBER WARNING!  最新の予防策

POLICE NEWS  各都道府県警察の取組み

インターネット安全安心相談

全国サイバー犯罪相談窓口一覧

サイバー犯罪にあわないために

情報セキュリティ対策ビデオ





施策・広報

サイバー防犯ボランティア活動事例

福岡県

福岡県警察サイバーパトロールモニター

サイバーパトロール研修会の様子

啓発ポスター制作への感謝状授与の様子

構成員

7大学の学生ボランティアで団体で構成
 ・SPD(西日本工業大学)
 ・輪導(久留米工業大学)
 ・情報技術研究部(福岡工業大学)
 ・KSU Cyber Patrollers(九州産業大学)
 ・ななくま元気にするっ隊(福岡大学)
 ・いしんの会(近畿大学)
 ・ちょボラ(九州共立大学)

結成の経緯

官民が一体となって、安全で安心して利用できるサイバー空間の実現に向けた取組を推進する中、平成25年9月、西日本工業大学の「SPD」を福岡県警察がサイバーパトロールモニターに委嘱。以降、賛同する学生ボランティア団体は7大学まで拡大している。
人数:204名(令和元年6月30日現在)

活動の目的

インターネット上の違法情報等を発見・通報するなど サイバー空間の浄化と安全・安心な利用の促進を図ることを目的としている。

活動の内容

 インターネット上における違法情報等を発見し、インターネット・ホットラインセンター(IHC)等に通報しているほか、デザイン学部の学生がサイバーセキュリティ広報啓発ポスターを制作したり、SNSを活用した広報啓発活動を行っている。
 また、産学官が一堂に会するサイバーセキュリティイベントに参画するなど、幅広く活動を展開している。

サイバーセキュリティ広報啓発ポスター

交流会の様子

活動上の問題点・解消方法

 構成員が毎年入れ替わり、また、大学ごとにそれぞれ活動していることから、福岡県警察と連携し、定期的な研修会の開催や全大学を一堂に会した交流会を開催することで、後継者育成や情報共有に努め、団体の活動を活性化させている。

活動上の配慮事項

 学業等に影響がないよう、「無理なく、力みなく、末永く」活動を行うよう努めている。

参考

 ・SPDの学生:
   福岡県警察サイバー犯罪対策課長感謝状(令和元年)
 ・輪導、ななくま元気にするっ隊:
   福岡県防犯協会連合会・福岡県警察生活安全部長感謝状(平成30年)
等、各団体数多くの賞を受賞


戻る