あぶない!
出会い系サイト その手口を知り、危険を避けるために 警察庁 サイバー犯罪対策 トップページ

トップページ
中高生のみなさん
危険な出会い系サイト
出会い系サイト事件簿
身を守るためのルール
保護者の方
一般成人の方
出会い系サイト事業者の方
→ 出会い系サイト規制法の解説

「出会い系サイト」での援交希望の書きこみは犯罪行為です!
メニュー
1背景
2出会い系サイト規正法の目的
3出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)の定義
4届出制の導入
5インターネット異性紹介事業者の義務
6インターネット異性紹介事業者の監督
7フィルタリングサービス等の促進
8このような書き込みは禁止されています
9罰則
5インターネット異性紹介事業者の義務

 インターネット異性紹介事業者は、18歳未満の児童によるインターネット異性紹介事業の利用の防止に努める責務が定められているほか、事業を行うに当たり、届出義務に加え次のようなことが義務づけられています。

児童による利用の禁止の明示(広告又は宣伝をするとき)

 インターネット異性紹介事業者が広告又は宣伝を行う場合、文字、図形や記号などで児童が利用してはならない旨をわかりやすく表示しなければなりません。特に、電子メールにより行う場合には、メール表題部に「18禁」と表示するなどにより、児童が利用してはならない旨を明らかにしなければならないことが義務づけられています。

児童による利用の禁止の伝達(児童でないことを確認するとき)

 インターネット異性紹介事業者は、インターネット異性紹介事業を利用する者が、児童でないことの確認を受ける際、児童がそのインターネット異性紹介事業を利用してはならない旨をウェブサイト上に表示するなどして、利用者に伝達することが義務づけられています

児童でないことの確認

 インターネット異性紹介事業者は、インターネット異性紹介事業を利用する者が書き込みや閲覧をしたり、利用者同士がメール等で連絡を取り合ったりする際に、原則として、利用のつど、次の①又は②の方法をとるか、あるいは①又は②の確認を受けた者にID、パスワードを付与し、利用の際には当該識別符号の送信を受けることにより、児童でないことを確認することが義務づけられています

① インターネット異性紹介事業を利用する者の運転免許証、国民健康保険被保険者証その他の年齢又は生年月日を証する書面のうち、

  • ア 年齢又は生年月日
  • イ 書面の名称
  • ウ 書面の発行・発給者の名称

  に係る部分について提示、写しの送付又は画像の送信を受けること。

② クレジットカードでの支払いなど児童が通常利用できない方法によって料金を支払う旨の同意を得ること。

公衆閲覧防止措置

 インターネット異性紹介事業者は、事業を行う中で「禁止誘引行為」(児童を異性交際の相手方となるように誘う書き込み、大人に対し児童との異性交際の相手方となるように誘う書き込み)が行われていることを知ったときに、速やかに、その禁止誘引行為に関する情報を削除するなど、他の利用者がその情報を閲覧することができないようにするための措置をとることが義務づけられました

(注意)改正法の施行により、「性交等」や「対償の供与」を含まない書き込みについても禁止誘引行為に当たることになります。

禁止誘引行為の該当性については、「インターネット異性紹介事業者の閲覧防止措置義務(いわゆる削除義務)に関するガイドライン」(警察庁ホームページhttp://www.npa.go.jp/cyber/deai/business/images/02.pdf)においてより具体的に示しておりますので、そちらも御参照ください。

登録誘引情報提供機関制度の導入について1

登録誘引情報提供機関制度の導入について2



警察庁 サイバー犯罪対策