警察庁サイバー犯罪対策
警察庁トップページへ
English page


サイバー犯罪対策トップ
施策・広報
総合セキュリティ対策会議
統計
県警の施策等
法令等
調査・研究
リンク





CYBER WARNING!  最新の予防策

POLICE NEWS  各都道府県警察の取組み

インターネット安全安心相談

全国サイバー犯罪相談窓口一覧

サイバー犯罪にあわないために

情報セキュリティ対策ビデオ





施策・広報
不正送金被害防止対策
ウイルスの概要
 インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使われるコンピュータウイルスは、金融機関関連情報を窃取する機能等があり、危険性が高いです。

 本事犯で使用されているコンピュータウイルスはいくつかありますが、例えば、正規の金融機関のウェブサイトを装った偽の画面を表示させるコンピュータウイルスも確認されています。この場合、利用者が偽の画面と気付かずにIDやパスワードを入力してしまうと、セキュリティ対策ソフトをインストールするような画面が表示(攻撃者が準備したもの)されますが、その間に、先ほど入力したIDやパスワードが攻撃者に窃取されてしまいます。こうして窃取したIDやパスワードを使って、利用者の口座から第三者の口座に不正送金が行われ、被害に遭うことになります。
 


戻る