雪道などの運転方法

(交通の方法に関する教則(国家公安委員会告示)抜粋)


◎ 雪道や凍り付いた道は大変滑りやすく危険です。タイヤにタイヤチェーンなどの滑り止め
 装置を着けるか、スノータイヤ、スタッドレスタイヤなどの雪路用タイヤを着けたうえで、
 速度を十分落とし、車間距離を十分とつて運転しましょう。

◎ 横滑りを起こすことが多いので、ハンドルやブレーキの操作は特に慎重にしましょう。
 急発進、急ブレーキ、急ハンドルは絶対にやめましょう。

◎ できるだけ車の通った跡を選んで走るようにしましょう。

◎ スパイクタイヤは、雪道や凍り付いた道以外の道では、路面の損傷や粉じんの発生の原因
 となるので、使用しないようにしましょう。

雪道チラシ