交通安全施設の整備の計画と効果

交通安全施設の整備の計画

信号機や交通管制センターなどの交通安全施設は、平成27年9月に閣議決定された「社会資本整備重点計画」(平成27年~平成32年)に即して整備を進めており、その主旨は、特に交通の安全を確保する必要がある道路について、都道府県公安委員会及び道路管理者が連携し、事故実態の調査・分析を行いつつ、計画的かつ重点的に交通安全施設等整備事業を推進することにより、交通環境を改善し、交通事故の防止と交通の円滑化を図るものです。

社会資本整備重点計画の概要

交通安全施設の整備の効果

交通安全施設の整備による効果は、以下のとおりです。