平成30年度交通安全ファミリー作文コンクールの結果

1 事業の概要

(1)この事業は、各家庭や学校、職場等において交通安全に関する話し合いを進めることにより、国民一人一人の交通安全意識の一層の高揚を図り、交通ルールの遵守と正しい交通安全マナーの実践の確保に資すること等を目的として、昭和54年度から行っており、今回で40回目となりました。

(2)募集は、平成30年6月20日から9月10日まで行いました。 応募総数は、小学生の部が2,252点、中学生の部が9,885点、高校生・一般の部が806点の合計12,943点となりました。

(3)優秀作品は、審査会(審査員は、学識経験者等)の審議を経て選出しました。

<優秀作品は次のとおりです>
最優秀作 内閣総理大臣賞(3名)  
各部門1名 3名
優秀作 国務大臣・国家公安委員会委員長賞(10名)  
(1)小学生の部 6名
(2)中学生の部 3名
(3)高校生・一般の部 1名
優秀作 文部科学大臣賞(3名)  
各部門1名 3名
佳作 警察庁交通局長賞(29名)  
(1)小学生の部 18名
(2)中学生の部 8名
(3)高校生・一般の部 3名

(4)審査員

  • 小・中学生の部
    • 星  忠通  安全教育研究所長
    • 宇田川 光雄  目白大学非常勤講師
    • 平林 久美子  全国公立小・中学校女性校長会会長
    • 山本 聖志  全日本中学校長会会長
    • 竹林 義久  一般財団法人日本交通安全教育普及協会専務理事
    • 三好 圭  文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課長
    • 太刀川 浩一  警察庁交通局交通企画課長
  • 高校生・一般の部
    • 鈴木 春男  千葉大学名誉教授
    • 溝端 光雄  自由学園最高学部講師
    • 吉岡 耀子  交通・環境ジャーナリスト
    • 大山 憲司  一般財団法人全日本交通安全協会専務理事
    • 野村 義人  公益財団法人三井住友海上福祉財団専務理事
    • 近藤 共子  内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付参事官(交通安全対策担当)
    • 三好 圭  文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課長
    • 太刀川 浩一  警察庁交通局交通企画課長
(5)各部門の最優秀作受賞者は、平成31年1月17日に行われた第59回交通安全国民運動中央大会において表彰されました。
 

【第59回交通安全国民運動中央大会】
 

【表彰状授与】


【最優秀賞受賞者】

2 各部の受賞者(敬称略)

[最優秀作] 内閣総理大臣賞

(1)小学生の部

  5年生 龍道 彩音(茨城県下妻市立上妻小学校)「お互いに守ろう交通安全」

(2)中学生の部

  3年生 鈴木 舜(宮城県名取市立みどり台中学校)「孤立をなくす取り組みを」

(3)高校生・一般の部

  星野 有加里(宮崎県延岡市)「黄金色(こがねいろ)の背中」

[優秀作] 国務大臣・国家公安委員会委員長賞

(1)小学生の部

  • 1年生 井 伶皇(群馬県渋川市立橘小学校)「ぼくのこうつうあんぜん」
  • 2年生 高橋 悠月(兵庫県明石市立山手小学校)「じてん車は車のなかま」
  • 3年生 甘利 光麗(茨城県龍ケ崎市立馴馬台小学校)「お父さんの自転車教習所」
  • 4年生 出崎 絢菜(石川県七尾市立和倉小学校)「お地ぞうさんとわが家の交通安全」
  • 5年生 平川 智彩(兵庫県高砂市立米田小学校)「登校班での交通安全」
  • 6年生 大峯 健太郎(茨城県水戸市立三の丸小学校)「お年寄りの想い」

(2)中学生の部

  • 1年生 八代 蒼太(徳島県鳴門教育大学付属中学校)「『かも知れない運転』で事故防止」
  • 2年生 千葉 善大(宮城県仙台市立郡山中学校)「歩行者と運転手」
  • 3年生 澤田 舞(栃木県小山市立小山第二中学校)「交通事故で奪われたもの」

(3)高校生・一般の部

  • 川那部 友貴(滋賀県草津市)「職場で交通事故ゼロを目指す」

[優秀作] 文部科学大臣賞

(1)小学生の部

  • 2年生 渡部 俊輝(兵庫県加古川市立若宮小学校)「ぼくがまもっているこうつうルール」

(2)中学生の部

  • 3年生 山 怜(岡山県総社市立総社西中学校)「反射材の大切さ」

(3)高校生・一般の部

  • 寺田 優斗(鹿児島県霧島市)「私の原付運転記」

[佳作] 警察庁交通局長賞

(1)小学生の部

1年生
  • 伊藤 知洋(埼玉県蓮田市立黒浜北小学校)「じぶんのいのちは、じぶんでまもる」
  • 永幡 樹一(埼玉県さいたま市立大成小学校)「ちょっとゆっくりでもいいですか?」
  • 多田 奏誉(香川県高松市立仏生山小学校)「あわてない、あわてない、ひとやすみ」
2年生
  • 椙田 雄星(埼玉県飯能市立加治小学校)「色いろなこうつうあん全」
  • 三浦 知晃(兵庫県明石市立花園小学校)「しっかりまもろうこうつうルール」
  • 平木 太一(香川県さぬき市立長尾小学校)「じぶんでまもろうルールといのち」
3年生
  • 室井 まお(栃木県那須塩原市立高林小学校)「交通ルールを守ってくれてありがとう」
  • 山 梓希(千葉県市川市立大柏小学校)「『どうぞ』の気持ち」
  • 海老澤 琴芭(富山県射水市立大門小学校)「『交通安全』はまほうの言葉」
4年生
  • 金子 莉菜(茨城県下妻市立豊加美小学校)「とつぜんの出来事」
  • 吉原 馴人(栃木県佐野市立吉水小学校)「言葉のお守り」
  • 椙田 帆夏(埼玉県飯能市立加治小学校)「貴重なかがみ」
5年生
  • 宍戸 祐太(宮城県大崎市立古川第一小学校)「ぼくが事故にあって気付かされたこと」
  • 江原 悠真(茨城県古河市立中央小学校)「命を大切に」
  • 赤尾 萠奈美(岡山県倉敷市立葦高小学校)「私達の交通安全について」
6年生
  • 秋保 泰葉(宮城県仙台市立寺岡小学校)「横断歩道、青信号でも油断するな」
  • 松井 智伸(茨城県守谷市立守谷小学校)「おじいちゃん、僕が遊びに行くよ」
  • 石本 晴人(香川県高松市立弦打小学校)「運転手の目を見よう」

(2)中学生の部

1年生
  • 長沼 栞菜(愛知県一宮市立大和中学校)「命を守る 安全ベルト」
  • 二宮 涼太朗(岡山県倉敷市立庄中学校)「その一言で救われる」
  • 青木 陽幸(徳島県鳴門教育大学付属中学校)「変化していく交通安全」
2年生
  • 市川 奏来(茨城県常総市立石下中学校)「いのち」
  • 小森 稀乃香(栃木県栃木市立都賀中学校)「自転車のルール」
  • 小河原 優希(岡山県倉敷市立南中学校)「安全への第一歩を」
3年生
  • 山木 穂(山形県米沢市立第一中学校)「『こころ』の若葉マーク」
  • 三好 彩心(静岡県静岡市立清水第二中学校)「免許返納を家族で考える」

(3)高校生・一般の部

  • 佐藤 利男(秋田県大仙市)「今日も一日 交通安全」
  • 須田 陽菜(福島県郡山市)「小さな予防」
  • 池田 恭我(宮崎県宮崎市)「助手席運転」

3 平成30年度交通安全ファミリー作文コンクール優秀作品集

 入選作品は、「平成30年度交通安全ファミリー作文コンクール 優秀作品集」として刊行し、都道府県、関係団体等に配布しました。

【全体版】 【分割版】