アダルトビデオ出演強要問題に対する警察の取組

アダルトビデオ出演強要問題について

 昨今、詐欺や脅迫的な言動によって強制的にアダルトビデオに出演させられたり、その出演を拒否すると多額の違約金を請求され、アダルトビデオへの出演を余儀なくされたりする事案について、多方面から問題提起されています。
 この問題は、「女性に対する暴力に関する専門調査会」でも取り上げられ、平成29年3月14日に内閣府男女共同参画局が同報告書を公表しています。
 →内閣府男女共同参画局が公表した報告書はこちら
 本人の意に反してアダルトビデオへの出演を強いるような行為は、精神的・肉体的苦痛をもたらす深刻な人権侵害です。
 政府は、平成29年3月21日、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議を設置し、政府を挙げた取組を推進することとしています。
 →いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議決定はこちら
 警察庁では、各都道府県警察に対して通達を発出し、この問題に対して適切に対応するとともに、取締り、教育・啓発等を強化しています。
 →アダルトビデオへの出演強要に対する警察の対応はこちら

警察への主な相談事例

○ スカウトをきっかけとした相談
街中で、スカウトから「モデルになりませんか。」と勧誘され、付いていったら、財布等を取り上げられ、男数人に囲まれた状態でアダルトビデオ出演に関する契約書を交わすことを強要され、出演させられた。
○ インターネット上のモデル応募をきっかけとした相談
インターネット上で、ファッションモデルの撮影だと思って応募したが、実際はアダルトビデオの撮影だと分かったが、断ることができず撮影に応じ、更に撮影された動画が無修正で海外から発信された。
○ 違約金等の請求に関連する相談
街中でスカウトされ、芸能会社とタレント契約をし、グラビアの撮影と思って現場に行くと、アダルトビデオの撮影だったので、拒否したが、「損害を弁済してもらう。」等と脅されたりして、出演させられた。

「契約違反だ。」「違約金を払え。」等と言われたら・・・

 アダルトビデオ出演強要問題では、プロダクション側から、「契約違反となる。」、「違約金を払え。」等と言われて萎縮し、結果として被害に遭ってしまう場合があります。
 被害に遭わないために、民事における契約の一般論として、
 
  •  本人が承諾していなければ、その内容については契約としては成立していない。
  •  契約としては成立したとしても、錯誤に基づくものであれば、その契約は無効で、守る必要はない。
  •  詐欺や脅迫に基づくものであったり、女性が20歳未満である場合は、契約を取り消すことができる。
 ということを覚えておきましょう。

アダルトビデオ出演強要問題の各種相談窓口

 アダルトビデオ出演強要の相談は、♯9110(警察相談専用電話)又は下記相談窓口まで(なお、最寄の警察署でも相談に応じています。)。
 →各都道府県警察本部の相談窓口はこちら

   ・ アダルトビデオの出演契約に関する相談・弁護士の紹介等

   ・ 性犯罪・暴力被害

   ・ 性的画像等インターネット上の問題

   ・ その他(女性・子どもの問題、労働関係の問題)
 →上記事項について相談したい場合の相談窓口はこちら