捜査特別報奨金に関する広告(令和2年9月9日)

次のとおり捜査情報提供者に対して捜査特別報奨金を支払います。

なお、捜査情報提供者についての秘密は、厳守されます。

令和2年9月9日
警察庁長官 松本 光弘

広告の対象事件

対象事件の被疑者に関する情報をお寄せください!

対象事件名 柴又三丁目女子大生殺人放火事件
報奨金の支払の対象とする行為 上記事件に関する被疑者の検挙又は事件の解決に結び付く情報を下記の情報受付部署に提供すること(情報受付部署以外の部署を通じて情報を提供した場合も含む)。
報奨金の上限額 300万円
(※報奨金とは別に私的懸賞金あり。私的懸賞金の上限額 500万円)
報奨金の支払の決定方法
  1. 報奨金は、事件に関する情報の提供者に対し、検挙等への寄与の度合いに応じて、広告した上限額の範囲内で支払うこと。
  2. 事件の検挙等に寄与した情報の提供者が複数ある場合には、その度合いに応じて、広告した上限額の範囲内において分割して支払うこと。
応募の期間 令和2年9月9日から令和3年9月8日まで(必着)
※ただし、特に必要があると認める場合には、期間を延長又は短縮することがある。
報奨金の支払の除外事由
  1. 匿名であるなどのため個人の特定ができない者
  2. 警察職員
  3. 被疑者本人、共犯者及び情報を入手する過程において犯罪行為その他公共の安全と秩序を害する行為を行ったと認められる者
  4. 1から3までに掲げるもののほか、報奨金の支払いを受けることが社会通念上適当でないと認められる者
情報受付部署 〒125-0051 東京都葛飾区新宿4丁目22番19号 警視庁亀有警察署 
「柴又三丁目女子大生殺人放火事件特別捜査本部」
代表電話 03-3607-0110 内線 3332,3352 
直通電話 03-3607-9051
警視庁ホームページ
ポスター 【手配ポスター】
手配ポスター

なお、情報提供に当たっては、以下の点に御留意ください。

1.事件によって、応募の期間が異なります。応募の期間に注意してください。
2.郵送の場合、応募の期間最終日までの消印は有効です。
3.本制度は、民法第529条第529条の2及び第532条に規定する優等懸賞広告として実施するものです。