警察庁トップページ窓口・手続き案内運転免許関係諸手続>講習予備検査(認知機能)について

講習予備検査(認知機能)について

 運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に講習予備検査を受けなければならないこととされています。

 講習予備検査は、運転免許証の更新期間が満了する日の6月前から受けることができます。

 講習予備検査の対象となる方には、運転免許証の更新期間が満了する日の6月前までに講習予備検査と高齢者講習の通知が警察から届きます。

講習予備検査とは

 記憶力や判断力を測定する検査で、時間の見当識、手がかり再生、時計描画という3つの検査項目について、検査用紙に記入して行います。講習予備検査は、警察から委託された教習所等で受けることができます。検査の実施、採点、結果の通知まであわせて約30分ほどで終わります。

 検査は、検査の実施方法について講習を受けた検査員の説明を受けながら進みますので、特別な準備は不要です。

 具体的には、次の3つの検査項目を受けます。

  • 時間の見当識

    検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。
  • 手がかり再生

    一定のイラストを記憶し、採点には関係しない課題を行った後、記憶しているイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。
  • 時計描画

    時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます。

 検査終了後、採点が行われ、その点数に応じて、「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」、「記憶力・判断力に心配のない方」と判定が行われます。

 検査結果は、その場で書面で通知されます。

 高齢者講習では、記憶力・判断力に合わせた、わかりやすい講習を行います。特に、車を運転するときには、検査の結果に基づいて、助言をします。

 検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であっても、運転免許証の更新はできますが、信号無視や一時不停止などの特定の交通違反更新の前にに行っていた場合または更新後に行った場合は、警察から連絡があり、専門医の診断を受けるか主治医の診断書を提出することになります。認知症であると診断された場合には、免許が取り消されます。

 講習予備検査は、受検者の記憶力や判断力の状況を確認するための簡易な手法であり、医師の行う認知症の診断や医療検査に代わるものではありません。

 講習予備検査の開発に当たっては、財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム本間昭・伊集院睦雄「認知機能の状況を確認する手法に関する基礎的研究(II)」(平成19年(2007年))等を参考にしました。また、手がかり再生で出題する事物の選択に当たっては、西本武彦・安田幸弘「記憶実験用Picture刺激の標準化」(早稲田心理学年報第14巻、昭和57年(1982年))、西本武彦・林静夫「記憶実験用Picture刺激の標準化(第2次)」(早稲田心理学年報第28巻、平成8年(1996年))等を参考にしました。

 講習予備検査や高齢者講習の内容については、「リーフレット」又は「動画」もご覧ください。

 検査において利用する検査用紙、イラスト及び検査の採点方法をダウンロードすることにより、検査を体験することができます。その場合、周囲の方が検査員役として検査を進行していただくことをお薦めします。

 検査の方法は、「進行要領」をご覧ください。

  進行要領は、検査員向けに作成したものですが、検査を体験する際の参考としてください。

*Clickhereto experience the Cognitive Impairment Screening Test for Senior Driver in English.

講習予備検査の結果の取り扱いについて

  • 講習予備検査の結果は、検査終了後にその場で書面で本人に通知します。
  • 講習予備検査の結果は、警察で重要な個人情報として管理します。

Q&A

 講習予備検査に関するQ&Aは、こちらです。

(ページトップへ戻る)